以下は、「amazon.co.jpにある『戸籍がつくる差別 単行本 – 1995/5 佐藤文明著』のページに掲載されたカスタマーレビューからの転載です。

〈転載開始〉

投稿者 YUKI 投稿日 2009/10/7

形式: 単行本

戸籍、、本当に必要か??
改めて考えよう。
戸籍は 国家権力が 国民を支配する為に作ったもの。
国民の為のものではない。
女性差別、部落差別、婚外子問題、、あらゆる差別の根本。
戸籍を廃止しない限り 国民の解放は無い。
戸籍の真実について何も学ばずに 反対するのではなく、
ぜひ 全ての国民に読んで欲しい。
自分の固定観念を外すことだ。

〈転載終了〉

 

広告